次回のイベントお知らせ等をお送り致します

メモ: * は入力必須項目です

日常会話を捨てる!コースを受けた結果・・・

●自分の専門分野・得意分野・好きな分野で英語で10分語り続けられるように!

     ↓

  【結果こんな方々が生まれています】

京都の案内を英語でするきっかけができた男性。

→自分の専門分野について、英語で説明ができた男性。

→英語で仕事をする、きっかけがつかめた女性。

海外進出をするきっかけを作った女性。(現在フィリピンにて事業展開中!)

→英語コンプレックスを克服!10ヶ月でTOEIC230点アップした男性。

 

●英語の聞き取りが、格段に上達!

●使える「言い回し」が自分のものに!

●自分の英語力を駆使して、伝える方法が身についた!

●英語が怖くなくなった!

 

こんな風に、英会話スクールで「日常会話」を勉強するより、

いつ使うとも知れないフレーズ本を暗記するより、

あなたの表現したいことを英語で話す方法が、ここにあります。

【このコースで、やっていただくことは・・・】

 

ご自身の得意分野・好きな分野・専門分野で

10分間のプレゼンテーションを作っていただきます。

 

 

 

 

 

全く話せなかった私が、

あれ?この分野なら、話せる!と気がついたのは、

 

「スピーチコンテスト」がきっかけでした。

 

こんにちは。

 

「捨てる」英語スクール代表の青木ゆかです。

 

中学校で英語に始めて触れた、普通の日本人です。

でも、「普通」とされている日本人と少し違うのは、

英語にコンプレックスが全くないこと。

というか、コンプレックスがなくなった。と言った方がいいかもしれません。

 

15年前の私は、知らない英単語をノートに書き出しては、ぶつぶつ覚え、忘れ、使ってみても通じず、全然英語での会話を楽しめない普通の大学生でした。


今でも、「知らない単語」のオンパレードですが^^;


今では、試しに受けてみた英会話スクールのテストでは、一番上のクラスを薦められ、翻訳・通訳コースはいかがですか?と言われるまでに。

そして、アメリカの公認会計士として、仕事もできる程になりました。

 

こういうと、英語を使うものとして順調にやってきたように聞こえると思いますが、

それまでの道のりは決して楽ではありませんでした。

 

覚えても覚えても指からすべり落ちるように忘れていく単語。

 

留学した先では、聞き返されることも多く、そのたびに泣きたい気持ちになりました。

 

そんな私が「捨てる英語術」に出会い、最短で英語が伸びる方法を知りました。

 

今では、道に迷っている観光客に臆することなく話しかけ、

 

海外に親友を持つことができるようになりました。

 

こうやって、身につけたノウハウをもって「発信できる日本人を応援したい!」と立ち上げたのが、「捨てる」英語スクールです。

 

私自身、未だに知らない単語ばかりです。

 

だけど、外国の方とお話しをするときにあまり不自由は感じません。

 

それは、切り捨て英語術を使って「言い換える能力」を培ったおかげなんです。

 

やってもやっても話せる気がしないとか、

 

日常会話からとりあえず、やらなきゃとか・・・

 

私は、とにかくやってもやっても話せない英語勉強法に違和感がありました。

 

留学をしていても、日本で学んできた人の英語はなぜこんなに分かりにくいのか。

 

もっと効率よく、自分の伝えたいことを伝える方法があるんじゃないか・・・

 

話せるようになる、使えるようになる勉強方法でなければ、

 

時間がいくらあっても足りません。

 

みんながやっているから、という理由でひたすら単語帳を覚えることに嫌気がさしていました。

 

そんな風に、英語勉強の「常識」に苦しむ人を少しでも助けるために、「捨てる」英語スクールを始めました。

 

日常会話から始めて、とりあえず、単語量を増やす。というやり方は、もう古いのです。

 

「日常会話を捨てる」ことで、自分の専門分野・得意分野・好きな分野に絞って学ぶことができます。

 

そして、それ以外のことは「捨てる英語術」を駆使すればよいのです。

 

「自分の伝えたいこと」を英語で10分話せるようになってからは、そこでためたフレーズを応用していけばとても効率が良いです。

 

私自身、スピーチコンテストに出るために、「自分の伝えたいこと」をみっちり英語で練習しました。

 

そのスピーチで、多くのことを語れるようになりました。

 

たとえば、スピーチの最初で使うフレーズは自己紹介で使い、

なぜ、このことを話したいのか、というシーンでは自分の体験を語れます。

そして、「自分の伝えたいこと」がもつ「専門用語」もしっかり身につけることができました。

 

スピーチを覚えるために、早口で話した音声を聞き続けることで、ヒアリング能力も劇的に向上しました。

 

そして、「自分の専門分野に特化すれば、大丈夫!」という確信を得た私は、専門用語さえ身につければなんとかなる!と開眼。

 

「会計用語」だけに絞って学び始めます。

 

そして、アメリカの公認会計士の資格を取得することもできました。

 

すべては、「捨てる英語術」を身につけたおかげです。

 

「日常会話を捨てる!コース」では、「すてる英語くらぶ」で行うイベント、魔法のボックス訓練グループへの参加、個人セッション、翻訳チェック、発音矯正、音声お渡し、練習会等様々な特典で、10分間自分の専門分野を語り続けられることを目指します。

(「すてる英語くらぶ」への参加権は、個別セッションをお申込みいただいた方のみの特典となります。)

 

「捨てる」英語スクールは、あなたの英語発信をサポートします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【「すてる」英語トレーナー 青木ゆか プロフィール】

 

千葉大学大学院 社会科学研究科 国際経済学専攻。
高校時代、イギリス、大学院時代、テキサス州立ヒューストン大学に通う。
大学院卒業後、台湾系電子機器メーカー(デルタ電子)を経て、大手外資系保険会社(AIGイーストアジアホールディングス)で財務・経理コンプライアンス業務に従事。

自らのノウハウをプレゼンし、大きな大会で優勝したことをきっかけに、すてる英語トレーナーとして独立。このメソッドをまとめた「ずるいえいご」が発売2ヶ月で5万部のベストセラーになる。メディア各社からの取材依頼が殺到。


一方独自のくらぶ活動を通して、多くの生徒を「英語コンプレックス」から救い出す。英語は「正しさ」を追い求めるのではなく、「捨てる」ことで伸びる。という信念のもと、講演や企業研修、コンサルティングにより、全国の企業や生徒の英語能力を開発支援している。自らの実体験に基づいた「捨てる」英語講演やセミナーは随所に笑いを取り入れたエンターテイメント型。

「笑いながら、いつの間にか英語に対する自信がついた」「英語に対する向き合い方が180度変わった」などと反響を呼ぶ。


アメリカ公認会計士


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【プレゼンアドバイザー 野村尚義さん】

〈野村さんコメントより抜粋〉

 

とても、効率的な努力をさせてもらいました。

正直、実際たくさんの努力はしました。
しましたが、その努力の中で、ムダだったな、と思うものがほとんどありません。
楽しみながらやることができました。

そして、今回、自分のコンテンツを深掘りできました。

しかも、それを英語で人に語れるようになったということは、
僕にとって、非常に可能性が広がったのではないかと思います。

 

 

【売れっ子講師になる魅せ方・伝え方 著者 岡村周一さん】

〈岡村さんコメントより抜粋〉

 

もともと英語コンプレックスだったのですが、セッションを受けているうちに、自信が持てました。
そして、英語に対する壁がなくなっただけで、なんとTOEICのスコアが460点→600点近くに。
130点近くアップしました!
この後、また受けたら一体何点まで上がってるんだろう・・・というくらい自分の中での変化が起きていることを感じます。
好きなものを、英語で、というメソッドが実際本当に英語の伸びを実感できました。
他の方も、これを試したら本当に英語力上がると思います。

とてもよい機会でした。

 

 

 

【「ゆかふぇスタイル」ホリスティック・パフォーマンスコーチ 吉澤ゆかさん】

〈吉澤さん コメントより抜粋〉

 

専門分野に特化した英語プレゼンのコンテスト!

期日が決まっていて、日程が決まっていて、目の前に聞いてくださる方がいるという状況がそろうやらざるを得ないですよね?

そこで、準備をして、臨んで、繰り返し準備をしていく中で、回らなかった口が回るようになり、伝えたかったことが気持ちをのせて、だんだん伝えられるようになるという風になりました。

やればやっただけのことがあるんだ、ということを実感しました。

ゆかさんは、褒め上手で、とても良い点に焦点をあててくれるので、セッションをしていて楽しかったです。

もしも、今英語をやっていて思うようにいかないな・・・という方には、このコースはすごくオススメです。

必ず、この流れをやっている間に自分の英語力が目に見えて伸びるのを実感できると思います。

【なぜ、「日常会話」を捨てるのか?】

 

「英語を勉強しようと思います。」

 

こういう方に「何からやりますか?」と聞くと、

 

「まず日常会話から・・・」

 

こう答える方が非常に多いです。

 

しかし、本当にそうなのでしょうか?

 

実は、私の経験値では、こうやって答える方の8割は挫折しているように感じます。

 

理由は、一つ。

 

「広すぎるから」

 

ここに、広ーいプールがあると思ってください。

 

このプールの中に、ポタポタと水を垂らしてみても、一向に水はたまりません。

 

しかし、この中に小さなコップを入れてみてください。

 

そして、その中に水を垂らしていくと・・・

 

あっという間に水はいっぱいになると思いませんか?

 

これが、あなたの専門分野・得意分野・好きな分野なのです。

 

そこであれば、「伝えたいこと」なので、なかなか忘れにくく、

 

楽しく覚えられ、そして、内容も伴うので応用がききます。

 

自分の得意分野で、10分話し続けられるように準備すること。

 

これが、語学上達の最も近道なのです。

 

 

「日常会話を捨てるコース!」で学べるのは、

 

どうやったら、今の英語力を活かして英語を紡ぎ出していくのかという基本と、

 

自分の中にためることで使いこなせるフレーズの数々です。

 

「言いたいこと」「使いたいシーン」がある、目的意識の高い人にとって、

ただ漠然と与えられた表現を覚えていくのは、非常に効率が悪い勉強方法です。

 

そこで、このコースでは、

 

自分の得意分野・専門分野・好きな分野 の10分間のプレゼンテーション

 

を作る作業をしていただきます。

 

日本語から作っていただくことで、自分の「言いたいこと」をはっきりとさせ、

 

それを英語に変換していくことで、「応用力」「伝える力」を養う。

 

そして、「翻訳チェック」をすることで、「より伝わりやすい自然な英語」を習得。

 

この流れを経ていくことで、今後何かを伝えようと思ったとき、

この「応用力」「伝える力」「自然なフレーズ」が、

あなたを助ける大きな力となるでしょう。

 

 

たとえば、

 

●日本語から英語に変換する脳を鍛える。

●自分がどこで間違えやすいかを知る。

●より伝わりやすい、自然なフレーズ

●リンキングを習得することで、相手の言っていることを聞き取るスキル

 

を身につけてもらいます。

捨てる英語セミナーや、個別セッション、魔法のボックス訓練グループ等を通してじっくりと教えていきます。

 

一度これができるようになると、英語でコミュニケーションを取ることが怖くなくなります。

 

そういった情報を、セッション時や月に一度のイベント、セミナー等を通して配信していきます。

 

イベントは、「日常会話を捨てる!」コースの方は無料でご参加いただけます。(個別セッションをお申込みの方に限ります。)

 

また、遠方の方のために、イベントの動画配信や、

スカイプでのセッションも行っておりますので、

遠方の方、お忙しい方も自宅で学ぶことが可能です。

 

 

 

 

英語を話す時に「止まってしまう」という感覚をなくし、

自分の伝えたいことを伝えるスキルを、身につけていただきます。

 

 

外国人を前にしたとき、相手が何かを聞いてくるのを待ってはいませんか?

 

相手の質問を待って、それに答えるというのは、意外と難しいものです。

 

今聞いた質問の意味するところを理解し、

それに対する正しい答えを模索し、

それを英語に変換する。

 

知らない分野の話であっても、必死に理解していかないといけません。

 

しかし、自分で話をふることができたらどうでしょう?

自分の得意分野・専門分野・好きな分野で、会話を広げることができます。

 

逆にこちらから質問をして、あなたの土俵でたたかうことができます。

 

10分間話し続けられる、自分の得意分野を持つことで、受け身ではない、コミュニケーションを可能にしてください。

 

 

プレゼンテーションを作る過程では、

「今ある英語力を活かして、どうやって伝えるか」

ということを、徹底的に考え抜いてもらいます。

 

こんな風に、日本語の捉え方を変えて英語にできるんだ!

 

私の伝えたいことって、論理的じゃなかったかも・・・

 

ご自身で行う英訳の過程で、さまざまなことに気がつかれます。

 

そして、それこそが、今後英語を話す上で財産になるのです。

 

受け身で教えられたフレーズを覚えるだけではなく、

 

「英語への変換力」

 

「シンプルに本質をとらえる力」

 

これらを身につけることで、辞書がなくてもその場を切り抜けられる「実力」を養います。

 

 

 

ご自身の力でなんとか日本語を英語の文章にしていただいたら、

プロの翻訳家によって、英語をチェックしてもらいます。

 

ここで、返って来た英語と、自分で訳した英語をしっかり比べることで、

「どんな英語がより自然なのか」ということを理解していきます。

 

そして、最終的に暗記するのは、この「自然な英語」

 

これを貯めていき、それを応用することで英語力を伸ばしていきます。

 

より「実践」に近い表現を身につけていただけます。

 

 

なぜ、日本人は英語が聞き取れないのか。

それは、英語があいまいに発音されるからでも、
LとRの区別がつかないからでもありません。

実は、その秘密が「リンキング」

リンキングとは、単語と単語がつながって発音されること

いくつかの単語を一気にいうので、あたかも1つの単語に聞こえたりすることです。

例えば、

「check it out」

この発音練習で、一生懸命「check」とkの発音を良くしようとしても、

itの発音を良くしようとしても、

check it out. 

で、相手が

「ちぇけら」

と発音した瞬間、「え?」となります。

「check it out.」がリンキングによって「ちぇけら」になることを知らなければ、一向に聞き取ることはできません。

「Come on in.」は、「カム オン イン」とは発音されず、

リンキングによって

「かもにん」

と言われます。

いくら単語の発音が良くても、このリンキングを知らなければ、英語を聞き取ることは難しい。

逆に言えば、自分でそれを言えるようにしておけば、

相手が「かもにん」と言ったときに、

「Come on in.」と言った!ということに気付けるのです。
実は、「気づく」ということが、聞き取るということなのです。
 
発音矯正セッションで、このリンキングを学び、3日間、早口で話している音声をひたすら聞いていただきます。
 
この作業を入れることで、コース終了後のリスニングを飛躍的に伸ばしていきます。
 

リンキングをマスターすると、
単語でブツブツ区切らなくなるので、流暢な英語に聞こえます。

リズムとリンキング。

 

この二つを身につけることで、スラスラと聞きやすい英語を話すことができるようになります。

 

 

 

 

英語を話す時、日本人が多くやってしまいがちな

「単語を一つ一つつなげて話す」

という癖は、ひとえに

「英語をフレーズで話さない」

ために起きる弊害です。

 

When ・・・・えーっと、I ・・・was・・・a little ・・・girl・・・

 

と、一つ一つ単語を思い出すと、相手もイライラ。

 

しかし、10分のプレゼンを覚える上では、耳から「フレーズ」で覚えていきます。フレーズで一気に話すとは・・・

 

When I was a little girl, I used to go there.

という文があったとすると、

 

When I was・・・まで一気に言ってしまうやり方。

 

そして、When I was (考える)・・・・a little girl,

 

と、時間を稼ぐ場所を違うところに持って行くのです。

 

この時間稼ぎの「フレーズ」を、より自然な英語で体にためていく。

 

反復練習で、10分饒舌に話せるようになる頃には、

多くのフレーズがたまっていることに気がつかれるでしょう。

 

 

 

10分だけ、英語で饒舌に語るだけで、これだけのものを手に入れることができます。

 

しかし、これだけのものを「全員が」手に入れられるわけではありません。

残念ながら・・・

 

それまでの基盤も、本気度も、人によってまちまちですから・・・

 

しかも、この「たった10分で話す」というコース、決して楽ではありません。

宿題もたくさんあります。

 

自分でやろうとすると遠回りになりがちなことを徹底的にサポートし、結果を出すために必要なことは全て提供しますが、それを活かせるかどうかは、その人次第です。

 

本気で「話したい」「伝えたい」人には、サポートを惜しみません。

 

 

そんな「日常会話を捨てるコース」ですが、3ヶ月で34万円です。

 

これは、ずばり、

「1週間に1回、英会話スクールに2年間通う金額」

 

実際、このコースを本気で終えた方からは、

「2年間通ったのと同じか、それ以上の”話せる感”がある!」

と言われますし、

 

プレゼンが終わった後は、しばらく英語が頭の中でこだましています。

 

しかし、今回この個別セッションはおひとり様限定とさせていただきます。

私自身コミットできる人数に限りがあることが理由です。

 

その代わり、今回はグループセッションでのご参加も受付させていただくことにしました。最大6名でのグループで、同じ流れを体験していただきます。

ご自身の作ったものだけではなく、他のメンバーの学びをシェアしていくことで、こちらも加速度的に学びが向上します。

 

グループセッションでのご参加は、3ヶ月で14万円。

ご希望により、リンキングセッションのみ個別で受講等のご希望も受け付けさせていただきます。

 

 「捨てる」英語スクールでは、英語勉強の継続と能力向上のため、さまざまな特典をご用意しています。

(特典1、2は、個別セッションをお申込みの方に限ります。)

 

特典1) 「すてる英語くらぶ」3ヶ月間無料会員 

「捨てる」英語スクール主催の、「すてる英語くらぶ」に3ヶ月間無料ご招待致します。

 

このグループは、

○月一イベント(参加費無料)

○週3回、英語のお題に取り組む

○FBグループ内でのコミュニケーションができる

等のメリットがあります。

 

英語を学ぶモチベーションが続かない・・・

という方、同じように頑張っているメンバーと交流をすることで、やる気を継続していただけます。

 

●なかなか課題が進まなくて心が折れそうな時、励まし合ったり、

●英語だけではなくて、気の合う友達を見付けたり、

●いろいろな情報を交換できたり、

●一緒に、国際交流パーティーに出かけてみたり、

 

いろいろな活用方法があります。

もちろん、くらぶリーダーである青木も、あなたをサポートします!

 

「すてる英語くらぶ」では、月に1回のイベントもありますが、その告知もFBグループでしますので、くらぶ会員として無料でイベントにご参加いただけます。

 

そんな「すてる英語くらぶ」を3ヶ月間無料でご利用いただけます。

※3ヶ月以降は、月6,980円となります。

 

 

特典2)「すてる英語トレーナー」青木ゆかによる個人セッション (10時間まで)

「すてる英語トレーナー」の青木ゆかとの個別セッション(60分)が、10時間まで無料でお受けいただけます。

 

日本語から、英語に転換するのが苦手な方は、そこに10時間使っていただいても構いませんし、

 

英語を流暢に話したい!という方は、発音矯正セッションを多くしていただいても構いません。

 

作りあげる10分が、あなたの理想になるように、私青木が直接相談にのります。

 

遠方の方は、スカイプというインターネット上の無料電話を使いますので、通話料のご心配はいりません。

あなたの「こうなりたい!」を直接ぶつけてください。

 

特典セッションは、受講期間中にお受けいただけます。

メール相談は、受講期間中は無制限にできます。

 

 

 

特典3)「捨てる英語術セミナー」動画 プレゼント 


「単語が足りない!」から解放される

捨てる英語術セミナーDVDをプレゼント致します。

 

「捨てる」メソッドの5つの柱を学んでいただきます。

今まで散々単語・イディオムを覚えてきたけど、話せない!と悩む多くの方が、その悩みから解放されています。

 

-捨てるメソッド-
  捨てる①:言いたいだけのことを捨てる(2:8の法則メソッド)
  捨てる②:大人語を捨てる(バイバイ・大人語・メソッド)
  捨てる③:直訳を捨てる(イメージ・メソッド)
  捨てる④:スマートな会話を捨てる(井戸端・メソッド)
  捨てる⑤:日常会話を捨てる(マイ・ストーリー・メソッド)

特典4)プロの翻訳家による、翻訳チェック

英会話スクールで、1時間話した後になんとなくすごく学んだ気になっている。だけど、

 

●自分の英語のどこが自然ではなかったのか

●どうやったら自然な英語になるのか

 

が、証拠として残っていない・・・

あっても、メモ程度。

そして、来週もまた、同じようなミスをしてしまう。

 

そういう「やった気症候群」から脱却していただくためにも、しっかりと自分が書いた英語を添削してもらい、より自然な英語にしてもらう特典をご用意しました。

 

自分でなんとか英語を紡いだからこその学びがそこにはあります。

 

戻ってきた英語と、自分の英語をしっかり見比べて、

 

「自分にはどういう癖があるのか」

「どういうフレーズが、より自然なフレーズか」

 

を吸収してください。

 

さらに、翻訳チェックを担当するのは、ネイティブのプロ翻訳家。

あなたの「伝えたいこと」を、より洗練された英語で語っていただけます。


また、個別セッションの方も、グループセッションの方も、全員分のチェック済み原稿をお渡しいたします。

この「より自然に聞こえる英語」へ転換されたものの「学び」のシェアにより、より「英語的なものの見方」が身につくと好評をいただいております。

他のメンバーの原稿をシェアし合うことで、より多くの学びを得ることができます。

 

 

 

特典5)ネイティブによる音声お渡し 

リンキングを個別セッションでアドバイスさせていただいた後、あなたのプレゼンを音声にしてお渡しします。

 

音声は二種類

●ひたすら聞く用の高速音声

●シャドーイング用の通常音声

 

まず、受け取ったら高速音声をひたすら3日間聞き続けてください。

この時の注意点は、「決して口から声を出さないこと」

ひたすら、中に貯める感覚で、英文を見ながら聞き、

慣れたら英文を見ずに、何を言っているのかイメージしながら、聞き続けていただきます。

 

そして、十分貯めた後、通常音声を流しながらシャドーイングを行ってください。

シャドーイングとは、英語を聞きながら、追いかけて真似ていく英語学習法です。通訳の方の訓練としても有名な方法です。

 

これをしながら、リンキングを理解し、英語のスピードになれ、区切りやポーズのとり方を練習してください。

 

このやり方は、場所と時間を問いません。

机やペンなしで、どこでも練習していただけます。

ぜひ、すきま時間を活用して、英語漬けになってみてください。

 

 

 

特典6)英語プレゼンコンテスト 挑戦権 

作ったプレゼンを発表する場。

 

なんとも恐ろしく感じるかもしれませんが、ゴールをしっかり設定することで、そこに向けてしっかりと準備をすることができます。

 

そして、なんと言っても、共に闘う仲間を得ることができます。

 

練習を重ねた者しか見ることができない、次のステージの風景をぜひ、見てみてください。

 

 

特典7)発表プレゼン動画お渡し 

英語プレゼンコンテストが終わったら、ゆっくり自分のプレゼンを見直していただく為に、動画をお渡し致します。

 

自分を客観的に見て、始めて、

 

声が小さい・・・

自信がもっとありそうだったらいいのに・・・

視線が下向きだ・・・

 

等気づくことがたくさんあると思います。

 

英語がダメだからではない。

もっと自信を持って話そう。

 

そう思っていただけたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

いかがでしょうか?

 

ただし、ご注意ください。

今回の募集について、個別セッションは1名。

グループセッションの募集は6名限定とさせていただきます。

 

これは、私が現実的にサポートできる人数はこれくらいが適切と考えて、限定人数を設定させていただきました。

 

定員になり次第、募集を終了させていただきますのでお早めにお申し込みください。

 

 

 

お申し込みは、こちらから

↓  ↓  ↓

 

http://suteru-eigo-my-story.jimdo.com/お申し込み/

 

 

 

●英語で伝えたいことがある人

 

●やる気があって、素直な人

 斜に構えることなく、「そんなに通じるならやってみよう!」という素直な人は、どんどん自ら学んでいかれます。

 

●粘り強い人

 

●すぐに結果が出なくても、人のせいにせず、頑張れる人

 

●どんどん発言する人、しようとする人

 

●もう一度、自分の可能性を試してみたい人

 

すてる英語スクールは、そんな人を応援します。

 

お申し込み

  

http://suteru-eigo-my-story.jimdo.com/お申し込み/

 

 

 

今では楽しみながら、英語でコミュニケーションを取る私ですが、

 

今でも、専門外の話になるとなかなか難しいなーと思うことがあります。

 

だけど、それ以外のシーンでは大して問題を感じない。

 

つまり、「自分が使う英語を話せれば、それでよい」のです。

 

「自分が伝えたいこと」

 

「自分が使うであろうシーンを想定した英語」

 

これに集中して、時間と労力とお金をかけることで、

 

見えてくる世界は格段に変わってきます。

 

自信をもって、発信できる人を1人でも増やす。

 

それが「捨てる」英語スクールの目指すものです。

 

これも足りない、あれも足りない・・・ではなくて、

 

これも伝えられるようになった!あれも伝えられるようになった!

 

と、「伝えられる自分」に満足していって、欲しいのです。

 

あなたの考えていること、あなたの体験、想いを英語にのせる。

 

英語はパソコンみたいなもの

 

使えなくても、実は生きていけるけど

 

使えると、劇的に世界が広がるもの。

 

できない自分を責めるのではなく、できる自分を一つずつ積み上げて

 

自分にOKを出して欲しい。

 

そして、私もそういう人でいたい。

 

一緒に、新しい世界の扉を開けましょう。

 

「捨てる」英語スクールは、がんばるあなたを応援します!

 

お申し込みは、こちらから

↓  ↓  ↓

http://suteru-eigo-my-story.jimdo.com/お申し込み/

FAQ よくある質問

Q)「日常会話を捨てるコース」に入る条件はありますか?

 

A)はい。

  切り捨て英語術を有効に活用していただくために、最低中学校レベルの英語力のある方を対象とさせていただいております。

 

中学英語に不安がおありの方は、別途講座を開講しております。

こちらをご覧ください。

↓↓↓

「スピーキング」のための中学英語総復習1日コース

http://www.suteru-eigo.com/blog/?p=645

 

 

Q)コース参加費以外にお金はかかりますか?

 

A)個人セッションの際の、飲み物代金、

  イベント参加の場合は、実費をいただいております。

  (ドリンク代や、カラオケボックス等を使った場合は、使用料等)

 

 それ以外に、懇親会に参加される場合、実費がかかります。

 

 

 

Q)忙しくて、時間が取れないのですが、大丈夫でしょうか?

 

A)基本的に「日常会話を捨てるコース」は、ご自身で作業をする宿題が多いので、わざわざ足をお運びいただく機会はあまりございません。

(個別セッションを対面でご希望の方は、この限りではありません。)

 

ただ、3ヶ月間という期間を設け、コンテスト出場というゴールが定まっているので、そこに向けてペース配分はご自身でしていただく必要がございます。

毎日、少しずつでも時間を捻出できる時期にお申し込みいただくことをおすすめ致します。

 

 

Q)モチベーションが続くか、心配です。

 

A)英語をやりたい!と言っても、なかなか挫折することが多く、やる気が続くかどうかは不安だと思います。
 「日常会話を捨てるコース」では、やる気を持ち続けてもらうためにFBでのグループを用意しています。

次回の英語プレゼンコンテストに出場する仲間と、進捗状況を報告し合ったり、やる気が出ないときは、仲間とやりとりしたりして、やる気が出やすいしくみを用意しています。

個別セッションをご希望の方も、グループでのセッションにご参加可能ですので、仲間と会うことでやる気をアップさせられます。

 

 

Q)遠方に住んでいるのですが、参加可能でしょうか?

 

A)英語プレゼンコンテスト当日は、東京まで来ていただく必要がありますが、個別セッション等についてはスカイプを使って対応可能です。

インターネットが使える環境にあればどこでも受講いただけるようになっているので、問題ありません。  (個別セッションをお申込みの方に限ります。)

  

 

 

 

Q)どれくらいの期間で、ぺらぺらになれますか?

 

A)もともとの英語力や、取り組み方によるので一概には言えません。

コース終了後も、英語を継続する環境を「すてる英語くらぶ」で提供しているので、ぜひご活用ください。

 

お申し込みは、こちらから

↓  ↓  ↓

http://suteru-eigo-my-story.jimdo.com/お申し込み/

 

 

(販売業者)

エターナルワールド株式会社

 

(運営統括責任者)

青木 ゆか

 

(所在地)

千葉県八千代市大和田新田388-42

 

(電話番号)

047-459-6808

※お問い合わせはメールにてお願い致します。

 

(連絡先・メールアドレス)

aokiyuka@suteru-eigo.com

 

(販売URL)

http://suteru-eigo-my-story.jimdo.com/

 

(お支払い方法)

クレジットカード決済

分割払い

銀行振込(応相談)

 

(販売価格)

個別セッション

340,000円(税込み)

グループセッション

140,000円(税込)

 

(申込の有効期限)

14日以内

 

(募集人数)

個別セッション

1名

グループセッション

6名

 

(商品の引き渡し時期)

代金決済完了後 申込受付メールが届きます。

その後、FBグループ・動画配信システムに招待 (すてる英語くらぶ用)

(登録は手動のため、2~3日お時間を頂く場合があります。)

また、個別に個人セッションの日程を調整させていただきます。

 

(商品の引き渡し方法)

入会時に登録したメールアドレスに、動画配信システムのログインメールと、月一イベントのご案内メールをお送り致します。

また、FBにて、魔法のボックス訓練グループにご参加いただきます。

その後、個別セッションの日程調整メールを送らせていただきます。

 

 

(キャンセル・退会について)

全額返金保障付き

3ヶ月後、このコースをお受けいただき、ご満足いただけなかった場合、ご連絡を頂いてから1週間以内にコース料金の全額を返金いたします。

ただし、宿題等のすべてのアサインメントをこなした方で、ご満足いただけなかった方のみとさせていただきます。

 

 

(禁止事項)

くらぶ内での政治・宗教活動、思想グループ・ネットワークビジネス等の 勧誘を禁じます。上記の行為が発覚した場合、退会とさせていただきます。 その際、お支払いされた費用に関しての返金は致しません。